ここ近年でお家づくりをご検討される際、

みなさんが気にされている「ウッドショック」。

 

工事着工が遅れるなど、お家の建築に影響がないのか、

心配になっている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ウッドショックの原因は、輸送コストの上昇や、

コロナウィルスの影響で、アメリカでは、郊外に建てる住宅の需要が拡大。

それによって、木材の需要が増えた事など。

輸入木材の調達が困難になってしまったということです。

 

ですが、コージーホームのグループ会社‘‘ミヤモリグループ‘‘はもともと、地域に根付いた材木屋さん。

国産の木材の仕入れに強いため、ウッドショックの影響を最小限に抑えることができています。

 

現在も、お客様にご迷惑をおかけすることなく、安心してお家づくりを進めていただいております。