こんにちは、コージーホームです!

今週の土曜日は一年のうちで最も暑さの厳しい頃とされる「大暑」ですが、室内の暑さを解決にするには「窓」と「サッシ」が大きな役割を果たしていることをご存知でしょうか。そこで今回は、コージーホームが標準仕様で採用している「窓」と「サッシ」についてご紹介いたします!

 

■窓を閉めていても、冷気や熱はどんどん逃げて行きます

日本の住まいに使用されるサッシのほとんどはアルミやアルミ樹脂複合サッシが主流となっています。しかし、アルミ素材を用いたサッシは熱伝導率が高いために、快適な室温を逃がすエネルギーロスを生む原因の一つとなっており、夏には窓から74%の熱が部屋内に流入し、冬は52%の熱が逃げるという調査もあります。つまり窓の熱損失をどう抑えるかが、夏涼しく冬あたたかな暮らしを実現するための大きなポイントなのです。

 

■コージーホームでは、国内最高クラスの超断熱窓サッシを採用

住まいの断熱性能を高めるために、多くの住宅会社でペアガラスやトリプルガラスが取り入れられています。しかし、ペアガラスやトリプルガラスにもそれぞれ性能があるので、どんな性能なのか確認することが大切です。

現在、コージーホームでは仕様している、ペアガラスとトリプルガラスは、日本で初めて純国産の樹脂サッシを製造販売したエクセルシャノン社製のものを採用。CMや広告をあまりしていないことから一般的な知名度は低いかもしれませんが、高性能・高級住宅の「証」とまで言われる最高ランクのサッシになります。

そして、「グランステージ」「オリジナル」「ソラ-ie」では「シャノンウインドUF」を標準仕様とし、「ハロー!マイホーム」ではペアガラスを採用しています。

また、コージーホームでは常に最上級の高性能を求めていくために、新しい高性能サッシが開発・販売された際には随時そちらに切り替えています。

ぜひ、モデルハウスにご来場いただき超断熱窓による心地良さをぜひご体感してみてください!