あまり聞きなれない言葉ですが、「ヌック」という言葉はご存知ですか?
スコットランドのイングル・ヌーク(Ingle neuk)という中世の石造住宅の暖炉の脇に設けた「腰かけ」が由来で、家の中の「ちょっとこもれる空間、こぢんまりしていて心地がいい空間」のことを指します。

ドアで仕切った個室とは違い、ゆるやかにLDKとつながり、家族ともほどよい距離が保てるのが特徴です。

コージーホームでも、これまでに色々なヌックをご提案してきました♩

こちらは本棚のあるヌック。
好きな本を片手に、畳の上でリラックスできる空間。
気づいたらみんなが自然と集まってくる…そんな場所でもあります。

(写真:@cozy_owners/ https://www.instagram.com/cozy_owners

 

こちらはフレンチシックなインテリアが可愛いヌック。

ソファ型のベンチにクッションを並べ、居心地の良さ抜群のとっておきスペースに。
ヌック内にニッチをつけたり、ストライプ柄の壁紙をアクセントに入れたりと、インテリアにもこだわっています。

 

こちらのお家は階段下にヌックをつくりました。

カウンターをつけたので、ちょっとPCをしたり、書き物をしたり、読書したり…
家族みんながつかえる「おこもり空間」です。
間取りにヌックをつくるスペースがない…という方も、階段下を有効活用すれば、ヌックになりますよ。
こもり感」こそヌックの特徴なので、広いスペースがなくても大丈夫。

最後はモルタルベンチのヌックスペース。

リビングの一角につくったモルタルベンチは、インテリアのアクセントに。
空間にメリハリがつき、おしゃれに見えます♩
サイドの飾り棚にはお気に入りの雑貨を並べても…◎

空間のちょっとした隙間につくるヌック。
コージーホームのココカーサ工法では、家中どこにいっても同じ温度なのでヌックとの相性も抜群です。
リビングだけでなく、階段や2階ホールもただの“通路”ではなく、心地よい空間に活用できます。


 

◢◤ ラインお友達募集中 ◢◤

友だち追加